TOKYO WATER TAXI

HELLO! TOKYO WATER TAXI

MISSION

長年、港湾物流に従事してきた私たちが舟運において目指すもの。
それは社会インフラです。

2011.3.11 東日本大震災発生
湾岸エリアに勤務する多くの仲間が帰宅困難者になり、
交通網の脆弱さを身をもって体験した私たちが「水路の活用」に着目したのは、
言わば必然でした。
港湾はもとより、都内を網の目のよう走る運河と河川には無数の防災船着場がありますが、
大半は災害時のみ使用が許され、その認知度は低いものです。
①これらの船着場を小型船で結び、有益な移動手段を提供する。
②利用を促進することにより、防災船着場の認知度向上を図る。
③訓練ではなく事業運航を継続してこそ、災害インフラとして有効に機能する。
つまり私たちの使命は、
防災インフラ(船着場と船)を日常に引き寄せることに他なりません。
2020東京オリンピック開催まで残りわずか。
制度や慣習など舟運活性を阻む要素も少なくありませんが、
私たちは、世界中からいらっしゃるお客様に、
東京が水としなやかに共存する姿をお見せできると確信しています。